FC2ブログ







#52 そばにいられるだけで/blue drops(2009年)

 いきなり新しい曲ですww新譜の紹介という名目ではないんですが、この曲…とってもいいです…オープニングも捨てがたかったんですが、迷いに迷ってこっちにしましたww

 昨年UHF系列各局で放映されて人気を得たアニメ『そらのおとしもの』の第1話と第13話で使用されたエンディングテーマ曲で、歌うのは声優の吉田仁美さんと、この作品のヒロインイカロスを演じている声優早見沙織さんが結成したユニットblue dropsです。

 このアニメ、なんといってもまず印象に残るのは選曲の素晴らしさでしょう。昨今のアニメ界でブームとなっている(?)カバーソングを中心にした主題歌と、そこに織り交じったオリジナル曲の絶妙なインパクトでまず興味をそそられます。

 ストーリーも少しエッチだけどせつないもので(実はちゃんと見てませんwwあくまでも第12・13話を観た感想ですwwつっこみはナシ!!)、選曲に決して劣らない見ごたえのあるものに仕上がっています。(カバーソングも非常にいいものが多いので、そのうち特集しようかな…)

 この曲は全体的に透き通ったイメージの曲で、のびやかな歌声の二人が、これまた絶妙なハーモニーを織り成している神曲といえるでしょう。

 …どうでしょう、何となくですがこれから始まる卒業シーズンにピッタリな感じしませんか?

 2010年一発目にお届けするこの曲は、私が今年最初にはまった1曲です。寒いこの時期に透き通った歌声とハーモニーで癒されてみてはいかがでしょうか・・・^^


 …この曲、メインボーカルが違うバージョンもあるようですが、今回は私が最初に聴いて惚れてしまったverをお届けしました。別verが聴きたい方はこちらへどうぞ^^
スポンサーサイト



[ 2010/01/27 11:17 ] 泣ける系 | TB(0) | CM(0)

#46 somewhere/桑島法子(1997年)

 『機動戦艦ナデシコ』『神風怪盗ジャンヌ』に主演し、その他にも数多くのメディアで出演を果たしている実力派人気声優桑島法子(くわしまほうこ)さんが1997年に出演された人気アニメ『スレイヤーズTRY』のフィリアというキャラのキャラクターソングです。

 私がこの曲に出会ったのは今からちょうど10年前。まだ私が嫁さんと付き合っている頃でしたが、その嫁さんがかねてよりスレイヤーズシリーズのファンで、アルバムをいくつか持っていました。そして何となくBGMで流してもらったアルバムの中にこの『somewhere』という曲がありました。

 最初は何となく聴いていたんですが、この曲には素直に「綺麗な曲だなぁ…」と感動してしまいました。それからしばらくして桑島さんのキャラソンベストアルバムが発売され、この曲が入っていることを知った私は迷わず購入しました。

 この曲はすべて英語の歌詞なんですが、メロディがとても綺麗で、聴いていて清々しい気持ちになれるんです。作品やフィリアというキャラを一切知らなくてもこの綺麗なメロディにはきっと感動してしまうと思います。



なんと日本語版がありました!!原曲とはまた違った雰囲気で、こちらも結構綺麗なメロディですよ^^せっかくなのでこちらもどうぞ^^


↓桑島さんのキャラソンベストアルバムです。

[ 2009/10/03 15:19 ] 泣ける系 | TB(0) | CM(0)

#45 手のひらの宇宙/岩男潤子(1997年)

 以前当ブログの#18でご紹介した実力派声優、岩男潤子さんの3枚目のシングル曲です。

 壮大なイメージのオープニングから始まり、透き通るような岩男さんの綺麗な歌声とダイナミックな演奏が、聴き手の想像力を大きく膨らませてくれる…そんな一曲です。

 まるで自然の真ん中で歌姫のコーラスを聴いているかのようなピュアな印象を与えてくれるこの曲は、岩男さんファン、声優ファンでなくても疲れきった心を癒してくれるように思います^^

 途中の歌詞に「ここで誰かをずっと待ち続けてた…泣きながらあなたを探してた…」とありますが、岩男さんの綺麗な声でこの歌詞を歌われると…心にある迷いや淀みが一気に吹っ飛んでしまう…そんな感じもします^^;(←私だけでしょうか…)

 こちらでご紹介する映像は、東京国際フォーラムで行われた岩男さんのライブの映像です。感極まって涙をこらえながら一生懸命歌う『歌姫』岩男さんの姿はとても印象的で、観ているだけでもその場の感動が伝わってくる素晴らしい映像です。曲のイメージともピッタリでとてもいい感じです^^…ってか、岩男さんかわいいですね^^;



↓CDはこちらからどうぞ^^

[ 2009/09/22 23:15 ] 泣ける系 | TB(0) | CM(0)

#40 M・A・M・A/水樹奈々(2004年)

 このブログ3度目の登場となる水樹奈々さんのアルバム『ALIVE&KICKING』に、ラストナンバーとして収録されている曲です。

 声優界でも抜群の歌唱力を誇る彼女は、愛媛県出身で高校はあの東京の名門堀越学園(堀越高校)を卒業、しかも卒業時、歴史ある堀越学園において、草剛(くさなぎつよし)さんしか達成していない芸能コース(学科)からの堀越賞(学業優秀、品行方正の卒業生10人に贈られる賞)受賞という快挙を成し遂げるという努力家(学校は無遅刻・無欠席、さらに並行して代々木アニメーション学院声優科に在籍し、同時期に卒業)の彼女が、母への感謝の気持ちをこめて歌い上げたこの曲は、地元を離れて久しい私のすさみきった心にダイレクトに感動をもたらしてくれました。

 努力したからこその表現力と歌唱力、そしてその2つが重なり合ってこその感動…もうこの曲は水樹奈々さんでないと歌いこなせないようにさえ感じてしまいますww

 歌詞から伝わってくる母親像は、まさに『偉大で敬愛すべき存在』で、いかに奈々さんがおかあさんに感謝をしているか、また改めて自分自身の母親に感謝の気持ちを伝えられる…そんな奈々さんの素直な感情が見えてきて、聴き手も自分の母親を思い出して思わず泣けてくる1曲になっています。

 画像は曲に合わせてみたんですが、水樹奈々さんの歌声っての映像が合うと感じるのは私だけでしょうか…?


↓CDはこちらからどうぞ

[ 2009/07/29 00:45 ] 泣ける系 | TB(0) | CM(2)

#38 おじいさんへのおてがみ/TARAKO(1992年)

 これ、ホントに泣けます…

 人気漫画『みかん絵日記』のテレビアニメ版の初代エンディングテーマ曲です。

 歌っているのは、ご存知『ちびまる子ちゃん』のさくらももこ役で、シンガーソングライターでもあるTARAKO(たらこ)さんです。

 『みかん絵日記』の主人公、猫のみかん(TARAKOさんご自身が演じています)は、普段はとても明るい雄猫で周りの人を常に笑わせてくれるキャラなのですが、実は非常につらい過去の持ち主で、この曲はその過去と、今のみかんの気持ちをストレートに表現した、とても切ない一曲です。

 かつて1人のおじいさんに愛されていたみかん(当時の名前はトム)は、愛するおじいさんに人間の言葉を教えてもらい、またお酒を飲ませてもらいました。

 みかんはおじいさんが大好きだったので、一生懸命言葉を覚えて話せるようになり、字も書けるようになりました。さらにはお酒も好きになりました。

 しかし、自分の死期を悟ったおじいさんは、残されるみかんの事をかわいそうに思い、捨て猫として他の飼い主に拾われて幸せになる事を願いました。

 その気持ちを知ってか知らずか、みかんは去り行くおじいさんに、人間の言葉で必死に自分の気持ちを訴えて、別れを拒みます。

 しかし、おじいさんはそんなみかんを見て「化け猫」という表現でみかんを突き放します。…もちろんおじいさんはそんなことは少しも考えてはいません。それでも一切みかんには目もくれず去っていきました…

 傷心のみかんはやがて、この作品の中心となる『草凪(くさなぎ)家』に拾われていきます。…そう、おじいさんの願いは通じて、みかんは幸せになりました。

 そして、天国のおじいさんにあてた、みかんの精一杯の気持ちを綴った手紙が、この曲の歌詞そのものなのです。


 …私もいまだに、この曲を聴くとジーンときてしまいますww

 映像はどうやらカラオケのものに、TARAKOさんの歌声を乗せたものですので、少し歌詞のでっかさに違和感をおぼえるんですがwwwこのアニメの映像と重なったこの曲が非常に泣けるので、あえてこの映像を転載しました。

 TARAKOさん独特のかすれた歌声が、より切なさを演出しており、作品を知らなくてもこの記事をご覧いただいた後にこの映像を見ていただけると、きっと泣けてくるでしょうww

 さあ、ハンカチを用意してご覧下さい…



↓このCDはその他の主題歌やサントラ等が収録されたアルバムです。

[ 2009/07/20 10:32 ] 泣ける系 | TB(0) | CM(4)