FC2ブログ







祝! 開設1周年!!\(^0^)/

 いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。

 さて、お蔭様で声優ソング日和も、今月で満1周年を迎える事ができました^^

 …思えば昨年9月、それまで「ブログというものは根気のいるもので、自分には向いていない」という勝手な持論を展開していた私が、ふとした思いつきで「いつも好きで聴いてる声優ソングを、何とかしていろんな人に紹介したい」という思いに駆られて何となく始めたこのブログ…途中放置も何度かやらかしてしまいましたが、いつもご覧いただいているあたたかい皆様のご声援のおかげで、当初は「すぐに飽きて3ヶ月もたないだろう」と勝手にたかをくくっていましたが、動画の作成、投稿に成功して勢いに乗り、また貴重なコメントもいただけるようになり…気がつけばもういつの間にか1年続けられる事ができました^^

 これまでコメントを寄せていただいたり、様々な形で激励やアドバイスをいただいた方々には本当に心から感謝申し上げます。どうもありがとうございます。m(_ _)m

 現在曲数としては45を数えております。…こんなに神曲があったなんて…これまでほとんど意識していなかったせいか、まったくこの数にはビックリですけどww

 でもまだまだ神曲はたくさんありますし、これからもどんどん増え続けていくものだと思っております…ハイ…

 私的にはここにきて改めてメジャーな曲でないからこそ実感できる良さ声優さんだからこそ実感できた表現力・歌唱力の素晴らしさを思い知らされておりますww

 内容的にはまだまだ初心者レベルでつたない文章としょぼい構成ではありますが、今後とも私なりに精一杯努力して、もっともっと多くの方々に愛されるようなブログにしてまいりたいと存じます。

 これからもどうかあたたかい目で応援よろしくお願いいたします。

~管理人 まゆとも~

スポンサーサイト



[ 2009/09/26 00:43 ] 主のたわごと | TB(0) | CM(7)

#45 手のひらの宇宙/岩男潤子(1997年)

 以前当ブログの#18でご紹介した実力派声優、岩男潤子さんの3枚目のシングル曲です。

 壮大なイメージのオープニングから始まり、透き通るような岩男さんの綺麗な歌声とダイナミックな演奏が、聴き手の想像力を大きく膨らませてくれる…そんな一曲です。

 まるで自然の真ん中で歌姫のコーラスを聴いているかのようなピュアな印象を与えてくれるこの曲は、岩男さんファン、声優ファンでなくても疲れきった心を癒してくれるように思います^^

 途中の歌詞に「ここで誰かをずっと待ち続けてた…泣きながらあなたを探してた…」とありますが、岩男さんの綺麗な声でこの歌詞を歌われると…心にある迷いや淀みが一気に吹っ飛んでしまう…そんな感じもします^^;(←私だけでしょうか…)

 こちらでご紹介する映像は、東京国際フォーラムで行われた岩男さんのライブの映像です。感極まって涙をこらえながら一生懸命歌う『歌姫』岩男さんの姿はとても印象的で、観ているだけでもその場の感動が伝わってくる素晴らしい映像です。曲のイメージともピッタリでとてもいい感じです^^…ってか、岩男さんかわいいですね^^;



↓CDはこちらからどうぞ^^

[ 2009/09/22 23:15 ] 泣ける系 | TB(0) | CM(0)

#44 ふられ気分でRock’n Roll/DROPS(2004年)

 久々のカバー系ですww

 この曲は1984年、大きなサングラスで一世を風靡したバンドTOM★CATのデビュー曲にして最大のヒット曲を、國府田マリ子さん、金田朋子さん、神田朱未さん、野中藍さん、白石涼子さんの人気女性声優5人組がカバーしたものです。

 私達おっさん世代が懐かしいと感じる1984年当時のインパクトのある曲を、女性5人が可愛らしく歌い上げ、それでいて原曲のハードなイメージはまったく崩さないという、何とも我々世代にとっては心をくすぐる神曲になっています。

 …よく聴いていると、気のせいか一番最年長のマリ姉がノリノリで歌っているのがよくわかりますwwまぁ、世代的にはど真ん中ですので、テンションが上がるのは当然といったところでしょうか^^;

 最初このカバーバージョンを耳にした時、「意外と合ってる」と感じたのは、おそらく私だけではないと思いますwwこの曲に対して最初ハードなイメージしかなかった私ですが、このDROPSバージョンを聴いても、まったく違和感は感じず、ある意味新鮮な気持ちで聴く事ができました。

 今回はあえて原曲は載せません。(←だって有名な曲ですから^^)自然な感じのDROPSの面々が楽しめるこちらの動画をご覧下さい。


↓CDはここです^^

[ 2009/09/08 23:22 ] カバー系 | TB(0) | CM(2)